2019年度 都市計画ビジュアルコミュニケーター検定の実施について

1.受験資格

年齢、学歴、業務経歴等による制限はない。

2.試験の方法

試験は、学科試験、実技試験により行う。

3.試験科目

試験は、次の3の分野について行う。
(1) 統計に関する内容
(2) 都市計画に関する内容
(3) 都市構造可視化計画に関する内容

4.試験の日時、試験地及び試験会場

期日 2019年11月15日(金)
時間 午後1時30分から午後4時までの間であらかじめ受験者に通知する。
試験地及び試験会場
次のうち、受験者があらかじめ選択する試験地において行う。
東京都、福岡県
なお、試験会場については、10月中旬にホームページに公表するとともに、あらかじめ受験者に通知する。

5.受験申込書等配布期間

2019年5月23日(木)~7月12日(金)

6.受験申込受付期間

2019年7月1日(月)~7月12日(金)(土曜日・日曜日を除く。)
受験申込書類は、一般社団法人都市構造可視化推進機構宛てに、原則郵送(書留郵便(7月12日(金)までの消印のあるものは有効。))で提出すること。

7.受験申込書類

都市計画ビジュアルコミュニケーター受験申込書
(6ヵ月以内に撮った半身脱帽の縦4.5cm、横3.5cmの写真1枚貼付)

8.受験手数料

14,000円

9.試験の実施に関する事務を行う機関及び申込書類提出先

指定試験機関 一般社団法人 都市構造可視化推進機構
〒812-0028 福岡市博多区須崎町5-10 アーサ小林ビル201

10.合格発表

2020年1月に、試験に合格した者に対して、本人宛てに合格証を送付する。

11.正答の公表

模範解答・答案の公開、返却はいたしません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『都市計画ビジュアルコミュニケーター検定試験』2018年度版問題集・テキスト販売開始

  2. 都市計画ビジュアルコミュニケーター検定が始まります!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA