活用促進事業のご案内

都市構造可視化の活用促進およびノウハウの共有のため、出先等どこでも可視化を行えるよう必要な機材をお渡しし、活用事例をご報告いただく事業を行っています。

1)参加条件

 都市計画ビジュアルコミュニケーター検定合格者または、過去に可視化に関する研修会等を受講したことのある方
 (なお、活用事例の収集に資するため、研修同様にパワーポイント8枚での活用事例のご報告をお願いしております)

2)活用促進事業に参加される方にお渡しする機器のスペック等

・MacBook Air 13インチ及び付属品または相当品
・SpaceMouse または相当品
・Pocket WiFi SoftBank 802ZTまたは相当品(通信契約含む)

3)期間中のサポート

 上記機材をご活用いただいている期間中、使い方のサポート、独自データのkml変換サービスの活用について、随時リモート会議でご相談いただくことが可能です。



なお、上記によらず、研修支援業務では研修期間中、人数分の機材をお使いいただけます。

初めての方、複数台が必要な場合などは、こちらがおすすめです。


なお、上記によらず、自治体会員として入会いただくと、1セットを無料でお使いいただけます。

会員特典としての扱いをご希望の方は、こちらがおすすめです。

非営利型 一般社団法人

都市構造可視化推進機構

Non-profit incorporated association

Urban Structure Visualization Promotion Organization

Address

〒812-0028
福岡県福岡市
博多区須崎町5-10-201


5-10-201 Susaki-machi, Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka-ken, 8120028 JAPAN

Phone

(092) 292-0639
+81 92 292 0639

Email